http://www.kimfes.com/

当音楽祭では、有料コンサートと合わせて、教育プログラム(非公開)に内外のトップ・アーティストからの賛同を得て、音楽祭創設当初より取り組んでおります。また、特別プログラムでは、当音楽祭をより楽しんでいただくための様々なプログラムをご用意いたしました。
皆さまのご来場をお待ちしております。

2022年8月14日(日)
14:00開演(13:00開場)



北九州市立響ホール
(北九州市八幡東区平野1-1-1)


ご来場のお客様へ
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
ご理解とご協力をお願いいたします。
注意事項はこちら




チケット料金[全席指定席]



一般席 3,500円(前売)
ペア席 5,000円(前売)
U-25席 1,000円(前売)

※当日500円増 ※U-25=25歳以下(1996年以降生れ)、入場時本人により証明書要提示
◆チケットぴあ [Pコード:216-211]
◆ローソンチケット[Lコード:83684]


チケットご購入はこちらから


座席図はこちら


お席からのステージビューがご覧いただけます 
コチラをクリック(外部リンク)



プログラム


シューマン:ピアノ五重奏曲 変ホ長調 op.44
ドホナーニ:ピアノ五重奏曲 ハ短調 op.1

※やむを得ぬ事情により、演奏者、曲目の一部が変更になる場合もございます。あらかじめ、ご了承ください。


プロフィール


谷 昂登[ピアノ]


第21回フッペル鳥栖ピアノコンクール2015 第1位及び月光賞を最年少受賞。第20回浜松国際ピアノアカデミーコンクール特別賞受賞。故中村紘子氏の推薦により「題名のない音楽会」に出演。第38回霧島国際音楽祭賞並びに堤剛音楽監督賞受賞。若手演奏家の登竜門的シリーズであるトッパンホール ランチタイムコンサートVol.97、Vol.101に出演。第1回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際オンラインピアノコンペティション第1位。第17回チェコ音楽コンクール第1位。第6回アリオン桐朋音楽賞受賞。第44回ピティナ・ピアノコンペティション特級銅賞。第18回東京音楽コンクール ピアノ部門第2位(最高位)及び聴衆賞。第90回日本音楽コンクール第1位及び岩谷賞(聴衆賞)受賞。令和2年度 北九州市民文化奨励賞受賞。
現在、岡本美智子、鈴木弘尚、永野栄子の各氏に師事。
ロームミュージックファンデーション2022年度奨学生。
   


篠崎史紀[NHK響第1コンサートマスター/北九州市文化大使]


北九州市出身。NHK交響楽団コンサートマスター。愛称"まろ"。3歳より両親の手ほどきを受け、1981年ウィーン市立音楽院に入学。翌年コンツェルト・ハウスでコンサート・デビューを飾る。その後ヨーロッパの主要なコンクールで数々の受賞を果たし、ヨーロッパを中心にソロ、室内楽と幅広く活動。帰国後、群響、読響のコンサートマスターを経て、97年N響のコンサートマスターに就任。以来"N響の顔"として国内外で活躍する。2004年より銀座・王子ホールで『MAROワールド』がスタート。その功績により「2020年度第33回ミュージック・ペンクラブ音楽賞」受賞。その他、北九州市民文化賞、2001年福岡県文化賞、2014年有馬賞受賞。桐朋学園、昭和音大で後進の育成にも力を注いでいる。WHO国際医学アカデミー・ライフハーモニーサイエンス評議会議員。
使用楽器は1735年製ストラディバリウス(株)ミュージック・プラザより貸与。
   


倉冨亮太[ヴァイオリン]


東京藝術大学を首席で卒業。同大学修士課程修了。シゲティ国際ヴァイオリンコンクール入賞。リピッツァー国際コンクール第2位(最高位)、聴衆賞などの特別賞受賞。日本大学管弦楽団、東京ジュニアオーケストラソサエティ講師。現在、NHK交響楽団次席代行奏者。
  

佐々木 亮[ヴィオラ]

東京藝術大学卒業。在学中、安宅賞受賞。1992年ニューヨーク、ジュリアード音楽院入学。在米中、リンカーンセンターでのリサイタルのほか全米各地にて活動。2003年帰国。2004年NHK交響楽団入団。2008年より首席奏者。また演奏活動の傍ら東京藝術大学、桐朋学園大学、東京音楽大学、洗足学園大学にて後進の指導にも当たっている。
  

桑田 歩[チェロ]

東京音楽大学経て、ウィーン市立音楽院に留学。群馬交響楽団及び新星日本交響楽団(現東京フィル)の首席奏者を経て、1999年NHK交響楽団入団。2020年5月に退団するまで次席奏者および首席代行奏者を務めた。現在、昭和音楽大学客員教授。新日本フィルハーモニー交響楽団客員首席奏者。


―サー・サイモン・ラトル氏より日本のみなさまへメッセージ―

「ロンドン交響楽団の音楽監督、サイモン・ラトルです。
ようやく日本に戻ることができて嬉しく思います。日本ツアーは、常に私たちの演奏活動のハイライトです。そして、この2年間は来日が叶わずとても残念でした。世界で最も美しいコンサートホールで、大変素晴らしい日本の聴衆の皆様の前で演奏できることに、とても興奮しています。
 
私たちは皆、口を揃えて言います。“Finally(ようやく)”—と」



2022年10月9日(日)
15:00開演(14:00開場)


※12:45~ レクチャー&リハーサル見学を開催します

<要事前申込み>
※オーケストラレクチャー&リハーサル見学の申し込みは締め切りました。

詳しくはコチラから
北九州ソレイユホール
(北九州市小倉北区大手町12-3) 



チケット料金[全席指定席]



S 席 28,000円(前売)
A 席 25,000円(前売)
B 席 19,000円(前売)
C席 14,000円(前売)
D席 8,000円(前売)
U-25(D席) 2,000円(前売)

※当日500円増 ※U-25=25歳以下(1996年以降生れ)、入場時本人により証明書要提示
◆チケットぴあ [Pコード:216-212]
◆ローソンチケット[Lコード:83789]


座席図はこちら



プログラム


ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」から 前奏曲と愛の死
ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 op.43(ピアノ/チョ・ソンジン)
エルガー:交響曲第2番 変ホ長調 op.63

※やむを得ぬ事情により、演奏者、曲目の一部が変更になる場合もございます。あらかじめ、ご了承ください。
       
         


プロフィール


サー・サイモン・ラトル(指揮)


英国リヴァプール出身。バーミンガム市響を率いたあと、2002~18年にはベルリン・フィルの芸術監督として活躍。2017年からロンドン響の音楽監督となり、23年からは名誉指揮者となる。また同年からバイエルン放送響の首席指揮者に就任予定。
現在に至るまで一貫してクリエイティヴな活動を続け、70以上の録音は高い評価を得、また教育プログラムの推進など新しい分野も開拓し、数多くの賞を受賞している。個人としても名誉ある賞をいくつも授与されており、1994年にはナイトの称号を与えられた。
客演も多く、ウィーン・フィル、シュターツカペレ・ベルリン、ボストン響、フィラデルフィア管をはじめ、世界各地の主要楽団と長年にわたる強い信頼関係を築いている。オペラの指揮でも、近年ではMETでの《ばらの騎士》、ベルリン国立歌劇場でのヤナーチェク《マクロプロス事件》、エクサンプロヴァンス音楽祭での《トリスタンとイゾルデ》など、注目すべき成果を残している。


チョ・ソンジン[ピアノ]


1994年ソウル生まれ。第7回浜松国際ピアノ・コンクールで最年少優勝。2011年、17歳でチャイコフスキー国際コンクール第3位入賞。2012-2015年にパリ音楽院でミシェル・ベロフに学び、アルフレート・ブレンデルに師事。2015年、第17回ショパン国際ピアノ・コンクールで優勝し、国際的な脚光を浴びる。翌年にドイツ・グラモフォンと専属契約を結び、ショパンの協奏曲第1番と4つのバラードを収録したCDがリリースされた。その後も数々のCDをリリースし、世界中の批評家から絶賛された。
圧倒的な才能と生来の音楽性を持つチョ・ソンジンは、同世代でも最も優れた才能を持つひとりとして、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、マリインスキー管ほか数々の一流オーケストラに招かれ共演している。指揮者ではチョン・ミョンフン、イヴァン・フィッシャー、ヤニック・ネゼ=セガン等と定期的に共演。高い人気を誇り、世界各地の権威あるコンサートホールでも多くのリサイタルを行う。現在はベルリンを拠点に活動。


ロンドン交響楽団


ロンドン響(LSO)は1904年創設。「多くの人々に素晴らしい音楽を届けたい」という起業家精神のもと、楽団員により運営される。英国最高にして世界屈指のオーケストラとして伝統のサウンドをもち、各時代の一級の演奏家と名演を繰り広げている。現在は音楽監督サー・サイモン・ラトル、首席客演指揮者にジャナンドレア・ノセダとフランソワ=グザヴィエ・.ロト、桂冠指揮者マイケル・ティルソン・トーマスを中心に結束して活動を行っている。2021年3月には、アントニオ・パッパーノが2024年9月から首席指揮者に就任することが発表された。
年間60回を超えるコンサートを行い、世界の音楽都市も定期的に訪れる。またライブストリーミングやオンデマンドによるインターネット配信も視野に入れた公演企画や放送提携を通して、世界各地の聴衆とふれあっている。
自主レーベル「LSOライヴ」は大成功で、教育、メディアにも深く関わる。「スターウォーズ」などの映画音楽でも有名である。



2022年11月2日(水)
14:00開演(13:30開場)


西日本工業倶楽部
(北九州市戸畑区一枝1-4-33)

※7/1より販売分の予定枚数を終了しておりましたが、(公財)全国公立文化施設協会策定「新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」改定による感染拡大対策緩和を受け、若干枚数の追加販売を決定しました。チケットをお求めの方は下記をご覧いただきますようお願いいたします。
※終演後のティーパーティーについては、開催中止することとなりました。当日はオリジナルのお茶&お菓子セットをお持ち帰りいただく予定となりましたこと、予めご了承ください。

<追加販売情報>
■販売日時 10月4日(火) 10:00~
■販売場所 チケットオンラインシステム、音楽祭事務局(tel:093-663-6567)、響ホール窓口、北九州芸術劇場プレイガイドQ-station、チケットぴあ[216-214]、ローソンチケット[Lコード84850]
■販売枚数 各所若干枚数
         



チケット料金[全席自由席]



一般・U-25 4,000円(前売)

※お茶・お菓子付 ※当日500円増
◆チケットぴあ [Pコード:216-214] 
◆ローソンチケット[Lコード:84850]


チケットご購入はこちらから


プログラム


クープラン:クラヴサン曲集 第2巻 第6組曲より 神秘的なバリケード
ラモー:新クラヴサン組曲集 第1番(第4組曲)より ガヴォットと6つのドゥーブル
ドビュッシー:ベルガマスク組曲より 月の光
ドビュッシー : 喜びの島 他

※都合により、曲目・出演者が変更になる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。


プロフィール


岡田奏[ピアノ]


函館市生まれ。15歳で渡仏。パリ国立高等音楽院のピアノ科と室内楽科を最優秀で卒業、修士課程を最優秀で修了し、第3課程アーティスト・ディプロマ科を経て、ヨーロッパと日本を拠点に活動している。
8歳でリサイタル・デビューを果たし、12歳で開催したショパンのエチュード全曲演奏会や、NHK-FM「名曲リサイタル」は絶賛された。これまでに、日本、フランス、ドイツ、イタリア、モロッコ、ポーランド、スペインの各地でリサイタルを開催し、フランスとベルギーではフランク・ブラレイと共演している。
また、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」および「きらクラ!」、「名曲アルバム」をはじめメディアへの出演も多数行っている。2018年、デビュー・アルバムとなる『Souvenirs-フランス作品集』をトリトーン・レーベルよりリリース、好評を得ている。
多数のコンクール歴を持ち、2013年第8回プーランク国際ピアノ・コンクール第1位、2013年第12回ピアノ・キャンパス国際コンクール第1位を獲得したほか、2016年エリザベート王妃国際音楽コンクールのファイナリストとなり話題を呼ぶ。
 文化庁新進芸術家海外研修制度研修生、ローム・ミュージック・ファンデーション奨学生、フランス・バンクポピュレール財団奨学生として研鑽を積んだ。


2022年10月15日(土)
15:00開演(14:00開場)


スペースLABO(北九州市科学館)
(北九州市八幡東区東田4-1-1)


ご来場のお客様へ
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
ご理解とご協力をお願いいたします。
注意事項はこちら



チケット料金[全席指定席]



一  般 4,000円(前売)
U-25(25歳以下) 2,000円(前売)

※当日500円増 ※U-25=25歳以下(1996年以降生れ)、入場時本人により証明書要提示
◆チケットぴあ [Pコード:216-213]
◆ローソンチケット[Lコード:83795]


チケットご購入はこちらから


座席図はこちら



プログラム


モンティ(金井信 編曲):チャールダーシュ
カッチーニ(金井信 編曲):アヴェ・マリア
ビゼー(西下航平 編曲):「カルメン」の主題による幻想的組曲より
金井信:『ヒマラヤの四季』より「春」「夏」
讃美歌(松本望 編曲):アメイジング・グレイス
ハチャトゥリアン(松本望 編曲):『ガイーヌ組曲』より

※やむを得ぬ事情により、演奏者、曲目の一部が変更になる場合もございます。あらかじめ、ご了承ください。


プロフィール


ワーヘリ ★★★World Heritage★★★
外囿祥一郎[ユーフォニアム]&次田心平[テューバ]


2013年結成。「ワーヘリ」(“ワールド・ヘリテージ”の略)という名称は、日本ジャズ界の巨匠、前田憲男(1934-2018)が「世界遺産級に珍しいデュオであると共に、彼らが遺す音もまた世界遺産」という意味を込めて命名。
吹奏楽の花形ユーフォニアムと低音の要テューバによる、楽器の枠を超えた多彩な表現で好評を博しており、国内公演に加え、アメリカ合衆国とポルトガルでも公演を行い喝采を浴びている。また、前田憲男、中川俊郎、加羽沢美濃、松本望をはじめとするアーティスト達がワーヘリのために新作や編曲を手がけている。


外囿祥一郎[ユーフォニアム]


東京コンセルヴァトアール尚美ディプロマコース修了。1992年第9回日本管打楽器コンクール第1位および大賞受賞、97年P.ジョーンズ・ブラス・コンクール・ユーフォニアム部門優勝。N響、東響、読響、東京佼成ウインド、名フィル、大阪フィル、九響、札響を含むオーケストラとの共演、リサイタル、アンサンブル公演等、多彩な演奏活動で多くのファンを魅了。「題名のない音楽会」、「らららクラシック」等のテレビ番組やNHK-FM等にも出演。これまでにCD27作品をリリース。東京音楽大学教授、エリザベト音楽大学、大阪音楽大学、京都市立芸術大学、昭和音楽大学各客員教授および相愛大学音楽学部特別講師。ビュッフェ・クランポン・ジャパン専属講師。


次田心平[テューバ]

読売日本交響楽団テューバ奏者。京都市立芸術大学を首席で卒業。第24回日本管打楽器コンクール第1位。これまでに日本フィル、読響とテューバ協奏曲を共演。また、国際テューバ・ユーフォニアム大会、ローブラス音楽祭、国際テューバ・ユーフォニアム協会に招かれ出演。「侍ブラス」、「ワーヘリ」、「The TUBA band」、「なにわ《オーケストラル》ウインズ」のメンバーとしても演奏活動を行っている。DVD「テューバマスター」、CD「TuBest!」、「Mr.Tuba!」をリリース。洗足学園音楽大学准教授、東京音楽大学、尚美ミュージックカレッジ専門学校コンセルヴァトアールディプロマコース、ダ・カーポミュージックスクールの講師として後進の育成にも力を注いでいる。

松本 望[ピアノ]

東京藝術大学大学院修士課程作曲専攻修了。パリ国立高等音楽院ピアノ伴奏科首席卒業(審査員満場一致)。2007年第4回リヨン国際室内楽コンクール(ヴァイオリンとピアノのデュオ)および09年第55回マリア・カナルス国際音楽コンクール・ピアノトリオ部門で第1位を獲得。08年度文化庁新進芸術家海外留学制度派遣研修員。在学中より作曲と演奏の両分野で活動を展開。ワーヘリ関連では、自作曲『空への階段』『Two Dogs』および『ハンガリー舞曲第5番(ブラームス)』『ハンガリー狂詩曲第2番(リスト)』『ブランデンブルグ協奏曲第3番(バッハ)』等の編曲譜が出版されている。国立音楽大学、洗足学園音楽大学、各非常勤講師。東京藝術大学弦楽科伴奏助手。


コンサートマスター:篠崎史紀[N響第1コンサートマスター/北九州市文化大使]


2022年11月12日(土)
15:00開演(13:50開場)

14:10~  プレ・ステージコンサート
*都合により中止になる場合があります

北九州市立響ホール
(北九州市八幡東区平野1-1-1)


ご来場のお客様へ
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
ご理解とご協力をお願いいたします。
注意事項はこちら




チケット料金[全席指定席]



S  席 5,000円(前売)
A      席 3,500円(前売)
U-25(A席) 2,000円(前売)

※A席=2階ステージ周り席
※当日500円増 ※U-25=25歳以下(1996年以降生れ)、入場時本人により証明書要提示
◆チケットぴあ [Pコード:216-215]
◆ローソンチケット[Lコード:84855]


チケットご購入はこちらから


座席図はこちら


お席からのステージビューがご覧いただけます 
コチラをクリック(外部リンク)



プログラム


プロコフィエフ:交響曲 第1番 ニ長調 op.25 「古典交響曲」
モーツァルト:交響曲 第38番 ニ長調 K.504「プラハ」
ベートーヴェン:交響曲 第7番 イ長調 op.92 

※指揮者なし
※やむを得ぬ事情により、演奏者、曲目の一部が変更になる場合もございます。あらかじめ、ご了承ください。


プロフィール


マイスター・アールト×ライジングスター オーケストラ


このオーケストラは、≪マイスター・アールト組≫と≪ライジングスター組≫で構成。≪ライジングスター組≫は、北九州市制50周年記念 2013北九州国際音楽祭 ガラ・コンサート開催の際に、オーディションにより選ばれた優秀な若手演奏家を核とし、≪マイスター・アールト組≫は、本市出身者を含む国内主要オーケストラのコンサートマスターや首席奏者たちを迎えている。指揮者は置かず、コンサートマスターの下、丁々発止のリハーサルを重ね、各メンバーの自発的なアプローチと卓越したアンサンブル力により生き生きとした演奏が特徴。
  


コンサートマスター 篠崎史紀[NHK響第1コンサートマスター/北九州市文化大使]


北九州市出身。NHK交響楽団コンサートマスター。愛称"まろ"。3歳より両親の手ほどきを受け、1981年ウィーン市立音楽院に入学。翌年コンツェルト・ハウスでコンサート・デビューを飾る。帰国後、群響、読響のコンサートマスターを経て、97年N響のコンサートマスターに就任。以来"N響の顔"として国内外で活躍する。2020年度第33回ミュージック・ペンクラブ音楽賞、北九州市民文化賞、福岡県文化賞、有馬賞を受賞。桐朋学園、昭和音大で後進の育成にも力を注いでいる。WHO国際医学アカデミー・ライフハーモニーサイエンス評議会議員。
使用楽器は1735年製ストラディバリウス(株)ミュージック・プラザより貸与。
   


お電話でのお問い合せはこちら
(7/1-12/2は 9:00~18:00[土日祝日除く] 期間以外は 9:00~17:00[土日祝日除く])

093-663-6567