http://www.kimfes.com/

佐藤俊介[ヴァイオリン] スーアン・チャイ[ピアノ] 
横坂 源[チェロ] 古部賢一[オーボエ] 
三浦一馬[バンドネオン] 柳家三三[落語家]


2020年10月17日(土)
15:00開演(14:00開場)


北九州市立響ホール
(北九州市八幡東区平野1-1-1)



チケット料金[全席指定席]


G  席  4,000円(前売)
R  席 3,500円(前売)
U-25(R席) 2,000円(前売)

座席図はこちら


お席からのステージビューがご覧いただけます 
コチラをクリック(外部リンク)


プログラム


斬新な楽器編成 聴いたことのない音色と感動!
落語家 柳家三三によってベートーヴェンの言葉に命が宿り
今をときめく名手たちが名曲を昇華する!!

ベートーヴェン:エグモント序曲  
        エリーゼのために     
        交響曲 第7番 第2楽章 他

※曲目によっては特別編成に合わせて編曲しています。
※やむを得ぬ事情により、演奏者、曲目の一部が変更になる場合もございます。あらかじめ、ご了承ください。
      


プロフィール


佐藤俊介[ヴァイオリン]


高い技術と豊かな音楽性を磨き、ニューヨーク、フィラデルフィア、パリ、ミュンヘンを経て、現在オランダを拠点にキャリアを築く国際派。オランダ・バッハ協会音楽監督、コンチェルト・ケルンのコンサートマスターを務めている。NHK響などの日本の主要オーケストラに加え、欧米の名門オーケストラと共演。ヨーロッパ各都市、アメリカ、日本などでリサイタル活動にも積極的に取り組む。録音も多数。第15回出光音楽賞、第62回文化庁芸術祭大賞(レコード部門)受賞。2010年にJ.S. バッハ国際コンクール第2位、聴衆賞を受賞。2019年度毎日芸術賞及び、芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。
       


スーアン・チャイ[ピアノ]


米国オバーリン・カレッジでピアノ演奏と生物学の学位を取得し、ニューイングランド音楽院とオランダのハーグ王立音楽院を修了。ピアノとヒストリカル・ピアノの双方で高い評価を受けている。2013年にジョン・ケージやプロコフィエフと、モダン・ダンスのコラボレーションによるツアーを成功させ、2011年にはフォルテピアノによる初ソロアルバム「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集」がリリースされ高く評価された。2012年にベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲を演奏するという大規模なプロジェクトを始動させ、これは2020年のベートーヴェン生誕250周年に完結する。
   


横坂源[チェロ]


桐朋学園大学ソリストディプロマ・コースを経て、シュトゥットガルト国立音楽大学並びにフライブルク国立音楽大学で研鑚を積む。鷲尾勝郎、毛利伯郎、ジャン=ギアン・ケラスの各氏に師事。2005年第15回出光音楽賞を受賞。2010年には第59回ミュンヘン国際音楽コンクールチェロ部門で第2位を受賞し、国際的なチェリストとしてのキャリアを本格化させる。2016年、ワーナーミュージック・ジャパンより「J.S.バッハ:ガンバ・ソナタ集」をリリース。
   


古部賢一[オーボエ]


1991年、小澤征爾が音楽監督を務めていた時代の新日本フィルハーモニー交響楽団に首席オーボエ奏者として就任以降、2020年3月まで30年間にわたり大きな功績を残した。現在はソリストとして活躍するとともに、同年4月より同団客員首席奏者。第10回出光音楽賞受賞。東京音楽大学准教授、相愛音楽大学非常勤講師、札幌大谷大学芸術学部客員教授。「国際オーボエコンクール・軽井沢」「日本音楽コンクール」等の審査員もつとめる。
   


三浦一馬[バンドネオン]


10歳より小松亮太のもとでバンドネオンを始める。2006年に別府アルゲリッチ音楽祭でバンドネオンの世界的権威ネストル・マルコーニと出会い、現在に至るまで師事。2008年、第33回国際ピアソラ・コンクールで日本人初、史上最年少で準優勝を果たす。2014年度出光音楽賞受賞。2017北九州国際音楽祭『第30回記念ガラ・コンサート』でのピアソラのバンドネオン協奏曲「アコンカグア」の熱演は記憶に新しい。使用楽器は、恩師ネストル・マルコーニより譲り受けた銘器、Alfred Arnold。
    


柳家三三[落語家]


古典落語を得意とし、実力・人気ともに兼ね備えた注目の落語家。1993年に当代の名人のひとり十代目柳家小三治に入門、「小多け(こたけ)」の名で前座修行。1996年二ツ目昇進し「三三」と改名。2006年に真打昇進する。これまでに、文化庁芸術祭大衆芸能部門「新人賞」や2016年文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)受賞など数々の賞を受賞。一方でNHK教育テレビ「ららら♪クラシック」出演、映画「やじきた道中てれすこ」出演、漫画「どうらく息子」の落語監修など、活動も多岐に渡る。
     


お電話でのお問い合せはこちら
(6/1-11/14は 9:00~18:00[土日祝日除く] 期間以外は 9:00~17:00[土日祝日除く])

093-663-6567