Chick Corea Solo Piano From Mozart to Monk to Corea

2018年10月18日(木)
19:00開演(18:15開場)
響ホール(北九州市八幡東区平野1-1-1)

carouselpony 託児所サービスのご案内
bus 無料お迎えバス運行のご案内
clover 小・中・高校生ご招待 ”音楽祭からの贈り物について
notes スタンプラリーの開催について

チケット料金[全席指定席]


ファイルイメージ

座席図はこちら

一般指定席8000円(前売)
U-25自由席5000円(前売)

※U-25は2階ステージ周り席 ※当日500円増 
※U-25…25歳以下(1992年以降生れ)、入場時本人により証明書要提示
◆チケットぴあ [Pコード:114-887]
◆ローソンチケット[Lコード:82894]

チケットご購入はこちらからflair

プログラム


曲目は当日発表いたします。



チック・コリア[ジャズピアノ]

 今や音楽界のアイコン的存在となったチック・コリア。キーボード・プレイヤー、作曲家、バンドリーダーとしての顔を持つチックは米国ダウン・ビート誌では殿堂入りを果たし、全米芸術基金(NEA)より ジャズ・マスターの称号を授与され、数々のラテン・グラミー賞受賞、また本家グラミー賞に至ってはノミネート63回、22回受賞という歴代4位の記録を誇る。最近では2014年にリリースしたTrilogyは、これまでの中でも最高傑作と評されている。
 音楽活動の幅は、正統派からアヴァンギャルド、ジャズ・ロック・フュージョン、交響曲までと限りなく広く、多くのビッグアーティストとクリエイティブな活動を続けている。
2015年はハービー・ハンコックとデュオとしては初のワールド・ツアーを決行し大きな話題となった。
2016年には小曽根真とともにNHK交響楽団定期公演に登場、「モーツァルト:2台のピアノのための協奏曲 変ホ長調 K.365」を演奏し、この公演は“聴衆が選ぶ最も心に残ったN響コンサート2016”の第2位に輝いた。 また、小曽根とのピアノ・デュオで全国ツアーを成功させた。
 1941年マサチューセッツ州生まれ。