※当初予定しておりましたユーリ・テミルカーノフ[指揮]は健康上の理由により、やむなく降板することになりました。ご期待くださいました多くの皆さまには、大変申し訳ございませんが、どうぞご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。
詳しくはこちらから→http://www.kimfes.com/news/entry-737.html

 


2018年11月18日(日)
15:00開演(14:15開場)
アルモニーサンク北九州ソレイユホール(北九州市小倉北区大手町12-3)

※13:00~ レクチャー&リハーサル見学を開催します<要事前申込み>
詳しくはコチラから

carouselpony 託児所サービスのご案内
clover 小・中・高校生ご招待 ”音楽祭からの贈り物について
notes スタンプラリーの開催について

チケット料金[全席指定席]          


ファイルイメージ

座席図はこちらから

SS席12000円(前売)
S 席10000円(前売)
A 席7000円(前売)
B 席5000円(前売)
U-25(A席&B席)2000円(前売)

※当日500円増 ※U-25・・・25歳以下(1992年以降生れ)、入場時本人により要証明書
◆チケットぴあ[Pコード:114-892]
◆ローソンチケット[Lコード:82938]

お席からのステージビューがご覧いただけます →コチラをクリックcamera (外部リンク)  


★世界が認める名ヴァイオリニストを聴く!お得な指定席セット券!【限定30組】    

指定席セット券(10/13=指定席、10/28=S席、11/18=S席)17000円(前売のみ)

10/13、10/28、 11/18のコンサートで指定席がお得に買えるセット券(21000円相当)
※チケットのお取扱いは事務局[窓口・電話]のみとなっております。
※詳しくはコチラから

チケットご購入はこちらからflair


プログラム

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.47
ラフマニノフ:交響曲 第2番 ホ短調 op.27

※都合により、演奏者、曲目の一部が変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。

ニコライ・アレクセーエフ[副芸術監督・指揮者]    ※11/8に変更の発表をいたしました

 サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団副芸術監督。
レニングラード音楽院にて、オペラとオーケストラ指揮をマリス・ヤンソンスに師事。ザグレブ・フィルの首席指揮者、モスクワ・フィル、ロシア・ナショナル管弦楽団などを指揮し、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、ロッテルダム・フィル、ドレスデン・フィル等と共演。2001年から2010年まで、エストニア国立響の首席指揮者を務め、同国より国家文化賞を授与された。
2000年より、サンクトペテルブルグ・フィルの指揮者として活動する。ロシア人民芸術家。
  

庄司紗矢香[ヴァイオリン]

 庄司紗矢香は1998年からヨーロッパを拠点に活動している。1999年パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールで史上最年少および日本人として初めて優勝した。これまで、アシュケナージ、デュトワ、ヤンソンス、メータ、ビシュコフ、パーヴォ・ヤルヴィ、チョン・ミョンフン、パッパーノ、ネゼ=セガンといった世界を代表する指揮者たちと共演を重ねている。近年は、BBCフィル、ウィーン響、ドイツ・カンマーフィル、デンマーク放響、N響などのコンサートに登場している。庄司の長年に亘る指導者・理解者であるユーリ・テミルカーノフは、たびたび彼女を招き、サンクト・フィルとともに日本、メキシコ、ロシア、スペイン、イギリス、アイルランド、ベルギー、フランス、イタリア、アメリカへのツアーを行い、12年にプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲をドイツ・グラモフォンへ録音した。使用楽器は、上野製薬株式会社より貸与された1729年製ストラディヴァリウス“レカミエ(Recamier)”である。
              

サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団

 1802年に設立された「フィルハーモニー協会」を前身とし、1882年皇帝アレクサンドル3世の勅令により設立された、ロシア最古の交響楽団。クレンペラー、ワルター、ワインガルトナー、ニキシュなどの著名指揮者が客演し、ホロヴィッツやプロコフィエフがソリストとして共演。R.シュトラウス、マーラー、ブルックナーなど数々の重要作品の初演を行っている。1824年ベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」の世界初演を行ったのも同楽団である。1938年以降ムラヴィンスキーが50年間に亘って音楽監督を務め、1988年テミルカーノフが芸術監督に就任し、現在に至る。サンクトペテルブルグからペトログラード、そしてレニングラードからまたサンクトペテルブルグへという都市名の変換に伴い、1991年に「レニングラード・フィル」という名称から「サンクトペテルブルグ・フィル」と改名され、現在に至っている。テミルカーノフ指揮による録音はBMGクラシックスよりリリースされている。