2017年10月9日(月・祝) 15:00開演(14:00開場)
響ホール(北九州市八幡東区平野1-1-1)

                  

carouselpony 託児所サービスのご案内                                                          bus のぼり坂らくらくバス(無料お迎え)運行のご案内                                                    clover 小・中・高校生ご招待 ”音楽祭からの贈り物”                                                     notes スタンプラリーの開催について

  

              


ファイルイメージ

座席図はこちらから

チケット料金[一部指定席]                 

指定席  4000円(前売)
一般自由席3500円(前売)
U-25自由席2000円(前売)
ペア(自由席)6000円(前売のみ)

※指定席は1階中央ブロック
※当日500円増 ※U-25・・・25歳以下(1991年以降生れ)、入場時本人により証明書要提示
◆チケットぴあ [Pコード:329-911]  ◆ローソンチケット[Lコード:87501]

★自由席がお得に買える!『響ホール自由席通し券』

響ホール自由席通し券7000円(前売のみ)

10/9 11/5 11/11 12/23の響ホールでのコンサートの綴り13000円相当
◆チケットぴあ[Pコード:782-619]  ◆ローソンチケット[Lコード:87510]
※詳しくはコチラから
  

チケットご購入はこちらからflair


プログラム

モーツァルト :幻想曲 ハ短調 K.475
モーツァルト :ピアノ・ソナタ 第14番 ハ短調 K.457
ショパン    :ポロネーズ 第7番 変イ長調 op.61 「幻想ポロネーズ」
ヤナーチェク :草陰の小径にて 第2集
J.S.バッハ :イギリス組曲 第6番 ニ短調 BWV811

※一部曲目が変更となりました(9月20日時点)
※やむを得ぬ事情により、演奏者、曲目の一部が変更になる場合もございます。あらかじめ、ご了承ください。

ピョートル・アンデルシェフスキ[ピアノ]

 今日最も独自の活動を展開しているピアニストの1人。ポーランド人とハンガリー人の両親のもとワルシャワで生まれ、現在はリスボンを中心に世界各地に生活拠点を置いている。ウィーン・コンツェルトハウス、ベルリン・フィルハーモニー、チューリッヒ・トーンハレ、カーネギーホールといった世界中屈指のコンサートホールに定期的に招かれている。
 ドイツ作品の解釈に定評がある一方で、シマノフスキやヤナーチェク、ショパンでも高い評価を得ている。それはディスコグラフィにも表われており、グラミー賞にノミネートされた『バッハ:パルティータ第1番、第3番、第6番』や、2006年FMグラモフォン賞を受賞の『シマノフスキ:ピアノ作品集』等が名盤として挙げられる。最新のCD『シューマン:ソロ作品集』は、2011年エコー賞、2012年BBCミュージックマガジンのレコーディング・オブ・ザ・イヤーを受賞。
 彼の唯一無二の芸術性は、映像作家ブルーノ・モンサンジョン(S.リヒテルやG.グールドのドキュメンタリーの制作者)を刺激し、ドキュメンタリー「アンデルシェフスキ・プレイズ・ディアベッリ・バリエーション」(2001)、「アンクワイエット・トラベラー」(2008)に結実。アンデルシェフスキ自身も多数の賞を受賞しており、4年に1度卓越したピアニストに与えられるギルモア・アーティスト賞にも輝いている。