2017年10月30日(月) 14:30開演(14:00開場)
西日本工業倶楽部(北九州市戸畑区一枝1-4-33)

                    


tulip 楽器が上手くひみつ                                                                   notes スタンプラリーの開催について

                    

チケット料金[全席自由席]【定員100名】          

一般・U-254000円(前売)

※ケーキセット付 ※当日500円増 
※U-25…25歳以下(1991年以降生れ)、入場時本人により証明書要提示 
◆チケットぴあ[Pコード:329-914]   ◆ローソンチケット[Lコード:87504]

チケット購入はこちらからflair

           

プログラム

グリンカ:ファゴットとピアノのためのソナタ
ピエルネ:演奏会用独奏曲 op.35
プーランク:オーボエ、ファゴットとピアノのためのトリオ 他

※都合により、曲目・出演者が変更になる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。

        

   

長 哲也[ファゴット/東京都交響楽団首席奏者]

 福岡県北九州市出身。11歳よりファゴットを始める。東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。卒業と同時に東京都交響楽団首席ファゴット奏者に就任。第30回日本管打楽器コンクールファゴット部門第2位。同声会賞受賞。第48回北九州市民文化奨励賞受賞。ソリストとして芸大フィルハーモニアと共演。2015年6月、東京オペラシティリサイタルシリーズ「B→C」に出演。NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」出演。
ファゴットを、永江恵子、石川晃、水谷上総の各氏に師事。
   
     

金子亜未[オーボエ/新日本フィルハーモニー交響楽団首席奏者]

 千葉県出身。2012年東京芸術大学音楽学部器楽科管打楽器専攻を首席で卒業。安宅賞、アカンサス音楽賞、三菱地所賞受賞。第79回日本音楽コンクールオーボエ部門第3位。第28回日本管打楽器コンクールオーボエ部門第1位。第10回国際オーボエコンクール軽井沢第2位、奨励賞、軽井沢町長賞(聴衆賞)受賞。
 オーボエを和久井仁、小畑善昭、池田昭子の各氏に師事。札幌交響楽団を経て、現在、新日本フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者。

永原 緑[ピアノ]

 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学を首席で卒業。在学中、角野裕氏に師事。
第66回日本音楽コンクール最高位。併せて野村賞、河合賞受賞。同大学非常勤講師(管楽器伴奏助手)を務めた後、アンサンブルピアニストとして国内外の演奏家と共演を重ねている。